ウェザーニューズ、箱根・大涌谷のライブカメラで24時間配信を開始 | RBB TODAY

ウェザーニューズ、箱根・大涌谷のライブカメラで24時間配信を開始

エンタープライズ セキュリティ

ライブカメラによる中継映像。画像は日中のものだが夜間撮影機能も備えている(画像はYouTubeより 提供:神奈川県・ウェザーニューズ)。
  • ライブカメラによる中継映像。画像は日中のものだが夜間撮影機能も備えている(画像はYouTubeより 提供:神奈川県・ウェザーニューズ)。
  • 「かながわ減災プロジェクト」のwebサイトでは、県内のさまざまな災害状況を確認でき、ライブカメラへのアクセスも可能となっている(画像はかながわ減災プロジェクトのWebより)。
 ウェザーニューズは3日、箱根の大涌谷周辺の火山活動監視について神奈川県に全面協力し、夜間も監視可能なカメラによる24時間ライブ配信を開始したことを発表した。撮影された映像は「かながわ減災プロジェクト」ホームページとYouTubeライブにてリアルタイムで視聴することができる。

 同社は2011年より神奈川県と「かながわ減災プロジェクト」の協定を締結しており、今回の火山活動活性化に伴い、立ち入り規制区域の箱根ロープウェイ大涌谷駅に高性能監視カメラを設置。火山活動の監視と配信を開始した。監視カメラは夜間でも日中と同程度の明るさで撮影できるため、24時間火山活動の監視が可能となっている。

 現在、大涌谷周辺の噴火警戒レベルは「2(火山周辺規制)」に引き上げられており、同社では警戒レベルが「1(活火山であることに留意)」に引き下げられるまで配信を行うとしている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top