東芝とマイクロソフト、IoT領域で提携 | RBB TODAY

東芝とマイクロソフト、IoT領域で提携

エンタープライズ 企業

「東芝」サイト
  • 「東芝」サイト
  • マイクロソフト「Azure」サイト
 東芝は3日、マイクロソフトと、IoT(Internet of Things)ソリューションにおける提携に合意したことを発表した。すでに2日に、覚書を締結済み。なおIoTソリューションでは、富士通とインテルも5月に連携を発表している。

 「IoT」(Internet of Things)」は、あらゆるものをインターネットを通して接続し、管理・制御を可能にするというコンセプトだ。今回両社は、センサーなど東芝のIoTデバイスと、マイクロソフトのクラウドコンピューティングプラットフォーム「Azure」を連携させるソリューションの提供を、今年中に開始する。

 具体的には、東芝のIoT機器向けアプリケーションプロセッサ「ApP Lite」、ドライビングレコーダ等のセンシングデバイス、クラウドストレージサービスなどと、「Azure」を構成するIaaS、専用線接続サービス「Azure ExpressRoute」、データ分析・機械学習サービス「Azure Machine Learning」などを組み合わせ、新サービスを開発する。

 第一弾は物流市場向けに、展開を開始。以降は、さまざまな事業領域でもIoTソリューションの提供を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top