下り最大10Gbpsの「NURO 光 10G」、ソネットがエリア限定でスタート | RBB TODAY

下り最大10Gbpsの「NURO 光 10G」、ソネットがエリア限定でスタート

ブロードバンド 回線・サービス

提供エリア(1/2)
  • 提供エリア(1/2)
  • 提供エリア(2/2)
 ソネットは1日、光ファイバーサービス「NURO(ニューロ)」において、下り最大速度おおむね10Gbpsのサービス「NURO 光 10G W」「NURO 光 10G S」の提供を、エリア限定で開始した。

 「NURO」は、光ファイバー通信における伝送規格「GPON」を採用したサービスブランドとして、2013年4月スタート。下り最大2Gbpsの「NURO 光」を提供していたが、今回、次世代規格「XG-PON(10Gigabit Capable Passive Optical Network)」を採用し、下り10Gbpsのサービスを開始する(上り最大2.5Gbps1)。

 「NURO 光 10G W」「NURO 光 10G S」はともに個人の戸建て住宅向けで、「NURO 光 10G W」は「有線ポート:10GBASE-T×1、1000BASE-T×3、無線LAN:IEEE802.11ac/a/b/g/n」、「NURO 光 10G S」は「有線ポート:10GBASE-T×1、無線LAN:なし」の宅内回線終端装置を採用している。

 月額料金は9,800円(税抜)で、港区、渋谷区、新宿区、世田谷区、千代田区、中野区、板橋区、品川区、文京区、豊島区、北区、目黒区、練馬区(東京都)、綾瀬市、厚木市、大和市、藤沢市、平塚市(神奈川県)より提供を開始する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top