無人車両ロボットとドローンのコンビで災害時に機能……国際ドローン展 | RBB TODAY

無人車両ロボットとドローンのコンビで災害時に機能……国際ドローン展

 幕張メッセで開催された「第1回 国際ドローン展」に出展していたMTS&プランニングとエンルートの各ブースでは、産業用マルチコプターを中心に展示していた。

IT・デジタル スマートフォン
軽量で機動性が高いクアッドコプター「QC730」。写真計算などの自動航行に適する
  • 軽量で機動性が高いクアッドコプター「QC730」。写真計算などの自動航行に適する
  • 農業用に用いられるヘキサコプター「AC940」。農薬など液剤を散布に特化している
  • 雨にも強い全天候化型のヘキサコプター「CH940」。幅広い環境下で利用できる
  • 国土交通省の「次世代社会インフラ用ロボット開発・導入のための現場検証」で使われたドローンも展示(日立製作所)
  • 桜島の現場検証での観測飛行の機体。写真は測量用クアッドコプターをベースにしたもの(日立製作所)
  • 立ち入り禁止区域に入り、周囲500m四方の調査と測量を実施。画面は実現場でのデータだ(日立製作所)
  • 車両ロボットに搭載された有線給電型ドローンを飛ばして、上空から観察するシステム。ロボットとドローンの連携だ(日立製作所)
  • 無線が届かない場所で活躍する無人車両ロボット。いわゆる災害対応ロボットという位置づけだ(日立製作所)
 幕張メッセで開催された「第1回 国際ドローン展」に出展していたMTS&プランニングとエンルートの各ブースでは、産業用マルチコプターを中心に展示していた。

 エンルートは、品質を重視したドローンを開発しており、一方のMTS&プランニングは景観空撮映像の撮影や編集を手がけている企業だ。両社は今年から業務提携を締結。また、オペレーターが機体を安全に操作するためのトレーニングなども実施している。

 エンルートは、基本的にユーザーの要望に応える形で、カスタマイズしたドローンを個別に提供している。現在、同社に最も多く寄せられるニーズは測量写真だ。連続撮影した航空写真をつないで、2次元データを3次元化し、土量計測などに活用する事例も多いという。

 展示ブースでは、カスタマイズ品のベースモデルや、特殊用途の事例が紹介されていた。ベースモデルには、測量用クアッドコプター「QC730」、農業用ヘキサコプター「AC940」、土木用クアッドコプター「PG700」、全天候化型ヘキサコプター「CH940」などがある。

 「QC730」は、測量用の機体のほかに、ソニーのカメラセット「ILCE-6000L」(α6000)やバッテリー、充電ステーション、Agisoftの3Dスキャニングソフト「PhotoScan」などの機材をフルセットにしたパッケージ。ドローンのペイロードは4kgほどで、40分以上の飛行が可能だ。

 「AC940」は、5リットルの農薬タンクが付いた機体のほかに、スペアタンク、バッテリー、充電ステーションなどがセットになっている。農薬散布の際は、毎分1リットルを吐出でき、飛行時間は約7分間だ。耕作面積によって、バッテリー本数などの仕様を変更できる。

 「PG700」は、土木用として有線給電の仕様にすることも可能だ。プロペラガードを機体構造とし、安全性の高い飛行が行える。機体のほか、ソニーの「HDR-P1800」、カメラ用2軸ジンバル、画像伝送セット、有線給電ケーブル&電源ユニットなどで構成。機体のペイロードは4kgで、バッテリーを利用する場合は約30分ほど飛行できる。
《井上猛雄》

関連ニュース

特集

page top