auに続いてドコモ回線に対応した狙いとは……格安スマホ「mineo」が新サービスを展開 2ページ目 | RBB TODAY

auに続いてドコモ回線に対応した狙いとは……格安スマホ「mineo」が新サービスを展開

 ケイ・オプティコムは26日、同社のMVNOサービス「mineo(マイネオ)」について、2015年度における新事業戦略発表会を開催した。

ブロードバンド 回線・サービス
ケイ・オプティコム代表取締役社長の藤野隆雄氏
  • ケイ・オプティコム代表取締役社長の藤野隆雄氏
  • mineoでは9月から、新たにNTTドコモ回線を利用できるSIMカードを提供
  • 将来的には1枚のSIMカードで、複数キャリアのネットワークが利用可能に
  • 会場にはテレビCMに出演中の有吉弘行、タレントのベッキーも登場
  • 質疑応答にはモバイル事業戦略グループ グループマネージャーの津田和佳氏、コーポレート広報チーム チームマネージャーの冨田和俊氏も参加
  • 囲み取材では藤野氏が、ドコモ対応の狙いなどについて語った
■iPhone対応は必須だった!?ドコモ対応の狙いとは

 記者発表会の終了後、会場では質疑応答や藤野社長への囲み取材が行なわれ、今回のマルチキャリア化の狙いについて、藤野氏から見解が語られた。

--- 接続料はauよりNTTドコモの方が安いが、プラン料金はどのように設定する予定なのか。

藤野氏:料金プランはまだ詰めているところですが、できるだけ分かりやすくしたい。両キャリアで同じにするか、それともNTTドコモを安くするかは未だ検討中です。ただ、最近では接続料について、キャリア間でそれほど大きな差がつかなくなっています。将来的に1つのSIMカードで、全キャリアに接続できるようになれば、全キャリアとも同じ料金で通信できるようにしていきたいです。

--- NTTドコモとauでは、それぞれ回線をどのように評価しているのか。

藤野氏:NTTドコモのSIMは、やはりiOSに対応していることが大きい。ただ、ネットワークの品質や速度は、それほど大きな差が無いと考えています。

--- NTTドコモに対応したことで、今後提供する端末のバリエーションも増えていくのか。

藤野氏:バリエーションは増えますが、NTTドコモに対応する端末は世の中にたくさん出回っていますので。それをユーザーが入手して、SIMカードだけの契約をする人もかなりの数になると思います。なので、我々が直接販売する部分は、それほど気にしなくていいのではないでしょうか。

--- 1枚のSIMカードで両キャリアに接続できるのは、いつ頃になるのか。

藤野氏:これからキャリア交渉を進めることになるので、現時点では目処が立っていません。ただ、できるだけ早く実現したい。海外はすでに実現できているので、そうした事例を持ち出して、官公庁の協力も仰ぎながら進めていくつもりです。

--- ソフトバンクへの対応も考えているのか。

藤野氏:当面はNTTドコモとauによるマルチキャリアです。ソフトバンクについては、いずれ時期を見て考えたいですね。接続料はNTTドコモよりauが少し高くて、ソフトバンクはさらに高いので。方式的にはNTTドコモとよく似ているので、今回の対応でソフトバンクにもある程度対応できると考えています。

--- VoLTEやキャリアアグリケーションへの対応はあるのか?

津田和佳氏(モバイル事業戦略グループ グループマネージャー):キャリアがVoLTEに続々と対応したので、我々もできるだけ早く対応したい。キャリアアグリケーションについては、対応する端末を持っていれば、現在でも利用が可能です。
《飛田九十九》

関連ニュース

特集

page top