JAXA、世界最高水準の標高データを無償公開 | RBB TODAY

JAXA、世界最高水準の標高データを無償公開

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

公開データの例(東京都)
  • 公開データの例(東京都)
  • 活用例(津波危険度シミュレーション)
  • データから再現されたデジタル3D地形(イメージ)
  • 全世界標高データ(30mメッシュ版)当初公開範囲(黄色四角)
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、「標高データセット(30mメッシュ版)」の無償公開を開始した。全世界の陸地の起伏を、水平方向30mの細かさで表現できるもので、世界最高水準のデータとなっている。

 このデータは、「全世界デジタル3D地形データ」の標高データセット(5mメッシュ版)をベースに数値標高を整備したもの。陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)が取得した画像のなかから雲が少ない約300万枚を活用して、世界で初めて5m解像度(正射投影画像は2.5m)という細かさと、5mの高さ精度で世界中の陸地の起伏を表現した。科学研究分野や教育、地理空間情報を活用した民間サービスに活用可能という。

 第一弾として、日本を含む東アジア、東南アジア域を公開。今後は順次、全世界の陸地(緯度82度以内)のデータを公開する予定。

 なお、これまで全世界規模で整備された同様の数値標高モデルには、米国が2000年にスペースシャトルを用いて観測したデータによる90mメッシュのもの、米国と日本(経済産業省)が共同で2000年から観測した衛星画像による30mメッシュのものが存在している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top