「JR時刻表」がアプリ化、交通新聞社が提供開始 | RBB TODAY

「JR時刻表」がアプリ化、交通新聞社が提供開始

ブロードバンド その他

「デジタル JR時刻表」利用イメージ
  • 「デジタル JR時刻表」利用イメージ
  • 「デジタル JR時刻表」利用イメージ
  • 「デジタル JR時刻表」概要
 冊子「JR時刻表」の出版などを手掛けている交通新聞社は15日、タブレット端末向け時刻表アプリ「デジタル JR時刻表」を発表した。夏の臨時列車が初掲載となる6月号分を、28日より提供開始する。

 「デジタルJR時刻表」は、特定の列車を絞り込んで時刻表を表示可能。また、「東京駅発時刻」「新大阪駅着時刻」だけなど、特定の駅の時刻のみ(途中駅の発着時刻を全て割愛)を表示することもできる。特定の列車・特定の駅の表示は、同時に行うことが可能。なお、世界で初めて、時刻表の表示内容を目的に応じてカスタマイズできる機能を搭載したという。

 時刻表の着時刻をタップするだけで、その駅からの乗継列車の発車時刻を、全列車・全時刻で一覧表示できる。新幹線や特急列車、普通列車を含む全列車に対応する。複数の路線は、最大3路線の時刻表を同一画面に表示できる。

 月刊誌「JR時刻表」の内容を全て収録したほか、月刊誌「MY LINE 東京時刻表」掲載の山手線・東京メトロ全列車など、約2,000ページ分の時刻情報も収録。新幹線・JR特急列車の内、定期列車の全座席配置も掲載する。マーカー機能、拡大・縮小表示にも対応する。

 利用価格は、初回インストール時は、14日間無料で試用可能。以降、30日/960円、180日/5,400円、365日/9,800円となる。7月31日までは特別価格として50%オフで提供する。対応機種は、iOS 7.0以降のiPad、iPad mini、Android 4.2~4.4、解像度1,200×1,920ドット以上のタブレット端末。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top