「乃木坂46」メンバー、母親に懺悔 | RBB TODAY

「乃木坂46」メンバー、母親に懺悔

エンタメ 映画・ドラマ

生駒里奈/『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』母の日イベント
  • 生駒里奈/『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』母の日イベント
  • 『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』母の日イベント
  • 秋元真夏/『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』母の日イベント
  • 深川麻衣/『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』母の日イベント
  • 生駒里奈/『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』母の日イベント
  • 若月佑美/『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』母の日イベント
  • 深川麻衣/『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』母の日イベント
  • 齋藤飛鳥/『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』母の日イベント
「乃木坂46」の生駒里奈、西野七瀬、桜井玲香、秋元真夏らメンバー12名がドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』の公開を前に5月10日(日)の母の日に、それぞれの母親を招待し直接、感謝の言葉を贈った。

出席したのは生駒さん、西野さん、桜井さん、秋元さんに若月佑美、深川麻衣、高山一実、星野みなみ、衛藤美彩、齋藤飛鳥、伊藤万理華、堀未央奈の12人。それぞれの母親が劇場の客席に招待されており、メンバーは順番に母親への“懺悔”と感謝の言葉を述べ、カーネーションを手渡した。

キャプテンの桜井さんは客席に座る12名の母親たちを見て「遠目から見てもどのメンバーのお母さまか分かるのが不思議です」と語り、これにはメンバー一同大いに同意。櫻井さん自身、父と母のどちらにも似ていて「ライヴでもファンの方に『あれ、桜井の両親じゃねぇ?』と言われるくらいで、それがすごくイヤだったし、寄りの写真もお母さんにそっくりなのがイヤだったんですが、一緒に買い物に行って、店員さんに『すごく仲が良くていいですね』と言われるのが嬉しかったりもして…(笑)。これから受け入れていこうかなと思っています!」とメッセージを贈った。

生駒さんは「ライヴとか、距離が遠いイベントは平気なんですが、こんなに近いとこんなに恥ずかしいとは思ってなくて…。お母さんを見たら笑っちゃいます!」と壇上でややパニック! 母親への懺悔では「(見に行った)『NARUTO』の舞台の後、『あぶないからタクシーで帰りなさい』と言われたんですが、電車で帰って『タクシーで帰ったよ』と嘘をついてごめんなさい(笑)」と語り笑いを誘う。さらに「落ち込んだらとことん落ち込んでめんどくさい私をいつも励ましてくれてありがとう!」と語り、母親の元に歩み寄り「Thank you!」とカーネーションをプレゼントした。

秋元さんが「真ん前にお母さんがいて恥ずかしい!」と語ると、メンバーからは「似てる(笑)!」という声が飛ぶ。秋元さんは「普段、TVに出る時も前に出たがるし、服装も肩や足を出すことが多くて、心配されたり『やり過ぎ』と言われたりするけど、その言い訳として、お母さんがバブル時代に『ジュリアナ』でお立ち台に立ってて、その地を受け継いでるからと言ってるんですけど、ごめんなさい(笑)」と語り、会場は爆笑。さらに秋元さんは「顔がお母さんに似てきたのも最初はイヤだったんだけど、いまは誇りに思ってます。かわいく生んでくれてありがとう!」と語り、会場は温かい拍手に包まれた。

映画は結成から3年半の「乃木坂46」の姿をメンバーのインタビューと周囲の証言と共に描いており、過去に1stから10thまで10作連続で「乃木坂46」のミュージックビデオを手掛けてきた丸山健志がメガホンを握り、メンバーのプライベートや心の中にまで迫っている。

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』は7月10日(金)より公開。

「乃木坂46」生駒里奈、「母の日」イベントで母親を目の前にパニック!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top