末期がん告白の今井雅之、復帰へ意欲 「生きて、生きて、生きまくれ。生きようよ」 | RBB TODAY

末期がん告白の今井雅之、復帰へ意欲 「生きて、生きて、生きまくれ。生きようよ」

 大腸がんのため、主演舞台「THE WINDS OF GOD」の降板を発表した俳優の今井雅之が「秋に自分の映画を撮りますので、どうか映画が出来上がるのを待っていてください」と復帰への意欲を示した。

エンタメ その他
 大腸がんのため、主演舞台「THE WINDS OF GOD」の降板を発表した俳優の今井雅之が「秋に自分の映画を撮りますので、どうか映画が出来上がるのを待っていてください」と復帰への意欲を示した。

 今井は30日に舞台の公開稽古前に会見を開き、「末期がん」と告知されていたことを明かし、涙ながらに降板理由などを説明した。同日、自身が木曜コメンテーターを務めるTOKYO MX「バラいろダンディ」に生出演し、改めて降板について謝罪した。

 番組では冒頭、会見のVTRが流れ、感想を求められた今井は「僕の顔、テカっていましたね」と笑わせた。「謝罪をさせて頂きました」と会見を振り返り、「病気には勝てませんでしたし、僕は(舞台に)立つつもりでいたんですけど、結果的には立てなかったことをファンの皆様、チケットを購入なされた皆様に申し訳ありませんでした。すみませんでした」と頭を下げた。

 また「あとは頑張って仕事で恩返しできればと思っています」と決意を示し、「(今年の)秋に自分の映画を撮りますので、どうか映画が出来上がるのを待っていてください。そして良い脚本を書きますので」と復帰への青写真を描いた。映画について、「『生きて、生きて、生きまくれ。生きようよ』というテーマですので、よろしくお願いします」と、声を振り絞って視聴者にメッセージを送った。

 共演者で、映画にも出演するという歌手で俳優の梅沢富美男は「1つ言えることは、役者としてやらなきゃいけないことができなかったといのは本当に辛いと思う」と今井を思いやり、「今一番大事なことは体を治すってこと。いい映画撮って、舞台も復帰できれば、これにこしたことはないんだから。応援しますよ」とエールを送った。その言葉に今井も「頑張ります」と大きな声で応えた。
《花》

関連ニュース

特集

page top