会議・授業をその場でテキスト化、聴覚障がい者参加型ツール「LiveTalk」 | RBB TODAY

会議・授業をその場でテキスト化、聴覚障がい者参加型ツール「LiveTalk」

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「LiveTalk」アプリの画面イメージ
  • 「LiveTalk」アプリの画面イメージ
  • 無線LAN通信により発話をリアルタイム表示
  • 「LiveTalk」の利用イメージ
 富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は14日、“聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール”「LiveTalk(ライブトーク)」を発表した。5月中旬より、企業・学校向けに販売を開始する。

 「LiveTalk」は、会議や授業などにおける発言を、音声認識して即時にテキストに自動変換して複数パソコン画面に表示できるソフトウェアだ。パソコンからは、テキストやスタンプ、定型文を入力することも可能。これにより、筆記通訳などがなくても、聴覚障がい者を含む参加者全員が、リアルタイムに情報を共有できる。

 ハンドマイクやヘッドセットマイクを通して発話を音声認識。複数人が同時に発言した場合も、テキスト化を平行処理しながら同時表示できる。同一の無線LANルータ環境で接続されたすべてのパソコンに対し、テキストをリアルタイムに転送可能。タブレット端末にも対応する。

 今後は、会話ログの保存、議事録などの作成支援へと応用を広げていく予定。販売価格は1セット(5ライセンス)で200,000円。追加1ライセンス50,000円(別途、音声認識ソフトウェア、マイクなどが必要)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top