4K/8K対応映像機器間接続用多心光コネクタ……フジクラ | RBB TODAY

4K/8K対応映像機器間接続用多心光コネクタ……フジクラ

エンタープライズ その他

フジクラのブースに展示されていた「超高精細映像機器間接続用多心光コネクタ」。1本のコネクタに24本の光ファイバが入っているので大容量の映像データも問題なく送れる
  • フジクラのブースに展示されていた「超高精細映像機器間接続用多心光コネクタ」。1本のコネクタに24本の光ファイバが入っているので大容量の映像データも問題なく送れる
  • 多心光コネクタなら1本で送れる映像データも同軸ケーブルを使うとこんなに必要になるという象徴的な展示を行っていた。4K/8Kカメラや4K/8K用映像伝送装置での用途を想定している
 フジクラは、東京ビッグサイトで8~10日まで開催された「Photonix2015」において、4K/8K映像の伝送に対応した「超高精細映像機器間接続用多心光コネクタ」の参考展示を行った。

 4Kや8K対応カメラは、撮影データが膨大になるためネットワークを介してデータを伝送したい場合には、現段階ではさまざまな制約が出てくる。例えば、従来の同軸ケーブルで4K映像データを伝送するならば、100本近い接続が必要になるという。しかし今回展示されていた多心光コネクタを使えば、1接続で4Kや8Kの伝送が可能になるのだ。

 サイズ的には、従来のBNCコネクタとほぼ同サイズながら、24心の接続が可能なため、大容量の映像データの伝送が行える。防水・防塵対応で、5,000回の着脱が可能。一般社団法人電波産業会が定める標準規格である「ARIB規格」に対応し、放送や通信業界での導入を想定した製品になる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top