畑で入社式、スーツ姿で収穫 | RBB TODAY

畑で入社式、スーツ姿で収穫

エンタープライズ フォトレポート

オイシックス入社式
  • オイシックス入社式
  • オイシックス入社式
  • 入社セット授与
  • 入社証書授与
  • 入社証書収穫
  • オイシックス入社式
  • オイシックス入社式
  • オイシックス入社式
 オイシックスは1日、2015年の入社式を契約農家の1つ、千葉県富里市のピーチかぶを作る畑で行なった。会場は畑の真ん中。かかしにぶら下がった式次第、マイクの代わりは拡声器。スーツ姿できめたオイシックスの新入社員8名が畑に並んだ。

 オイシックスは1000軒以上の農家と取引し、食材をインターネットを通じて宅配している。取引農家の畑での入社式は、新入社員が オフィスで働く前に、産地の苦労や工夫、農家の思い、そして畑や野菜に触れることで、食の現場をいち早く体感し、顧客と生産者を継ぐ仕事を担っていることの大切さを知り、やモチベーションアップに繋げてほしいという目的から、新卒採用開始3年目の今年、初めて実施された。

 作業着姿のピーチかぶ生産者、田中一仁さんから「新卒のみなさんの力でオイシックスを大きくしてください。私も負けずに今年もおいしいピーチかぶを作ります」との祝辞を受け、新入社員代表の豊島有希さんが、「豊かな食生活をより多くの人に届け、それを作っている農家さんはただものじゃないということが伝わるように努めたい」と答辞を述べた。

 “入社証書授与”は、畑にちなんで“入社証書収穫”。新入社員が土に埋まった入社証書を掘り起こした。入社式終了後には、初日実地研修として、ピーチかぶの収穫を手伝った。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top