安倍首相、TwitterやFacebookの“手数料”支払い? | RBB TODAY

安倍首相、TwitterやFacebookの“手数料”支払い?

エンタメ その他

安倍晋三首相(c) Getty Images
  • 安倍晋三首相(c) Getty Images
  • 安倍晋三首相(c) Getty Images
 18日に行われた国会予算委委員会にて、安倍晋三首相が民主党・大久保勉議員より本来無料で使用できるTwitter、Facebookに関して「使用手数料を払っているか?」と問われ、「個人(アカウント)は個人で、官邸の方は公費で賄っている」と回答した。

 大久保議員は安倍首相のTwitterやFacebookといったSNS上での情報発信について、「総理の情報発信能力に関しては敬意を表したい。激務の中で、総理自身が発信をすることはあるか?」など質問をし、「個人の方は事務所が管理しながら私個人で発信している。官邸については官邸から発信している」など回答した上で、ここで大久保議員は「総理はTwitter、Facebookを使用するときに使用手数料を払ったことはありますか?」と、意味深な笑みを浮かべて質問。すると安倍首相は、同SNSには使用手数料が要らないにも関わらず「個人(アカウント)は個人で、官邸のFacebook等々については官邸で出しているもので公費で賄っている」と回答した。

 この回答に大久保議員は、「確認したいのですがTwitterやFacebookについては普通は無料でやりますが、費用はかからないはずなんです。総理自らこういうことをされているのですか?誰に対して手数料を払っているんですか?」と、やや困惑しながら“ネタ”ばらし。議員たちも苦笑いし、議長も思わず笑いながら安倍首相を指名。安倍首相は「そういう細かいことまではいちいち、詳細は理解しておりませんが……」と、自ら少し笑ってしまいながらも「基本的に私はどういう中身について配信するかということだけで、それ以外のことは官邸のスタッフが対応していると。当然のことかと思います」と続けた。

 この予算委員会は参議院インターネット審議中継サイトにてアーカイブ動画として公開されている。

 
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top