【木暮祐一のモバイルウォッチ】第71回 VAIOスマホがこけたら日本のスマホはもう終わり | RBB TODAY

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第71回 VAIOスマホがこけたら日本のスマホはもう終わり

エンタープライズ モバイルBIZ

VAIOの関取高行社長。PC発表会にて
  • VAIOの関取高行社長。PC発表会にて
  • 日本通信・三田聖二社長
 日本通信株式会社が、VAIO株式会社と提携によるVAIOブランドのスマホを、いよいよ3月12日に発表する。VAIOブランドは2014年2月にソニーから切り離されJIP(日本産業パートナーズ)に売却されたが、その後VAIO株式会社として2014年7月1日よりコンピュータ事業を開始していた。

 さらに12月25日には日本通信とVAIOがスマホの開発に関して協業することを発表。VAIOブランドでスマホが登場するとあって、大きな反響があった。新VAIOブランドのPCはすでに発表されているが、スマホに関しては、ソニーは「Xperia」ブランドでスマホ事業を継続しており、ソニーのイメージとしてすっかり定着していた「VAIO」ブランドがスマホのブランドとして衝突することにもなり、業界関係者はじめその動向が気になっていたところだ。
《木暮祐一》

関連ニュース

特集

page top