【SS2015速報リポート016】約100度の超広角4Kネットワークカメラ、パナソニックがリリース | RBB TODAY

【SS2015速報リポート016】約100度の超広角4Kネットワークカメラ、パナソニックがリリース

エンタープライズ セキュリティ

超広角6倍ズームレンズを搭載した、4K対応の屋外ドームネットワークカメラ。大きさは従来製品とほとんど変わらない。
  • 超広角6倍ズームレンズを搭載した、4K対応の屋外ドームネットワークカメラ。大きさは従来製品とほとんど変わらない。
  • 展示開始時は“参考出展”としていたが、来場者からの反応がよかったため3日午後から“近日発売”に表示を切り替えたという。
  • 会場展示ではパナソニックブース内に仮想店舗エリアを設けて設置。撮影した映像を監視カメラと共に展示していたため、カメラの特性が分かりやすい。
  • 仮想店舗エリアでは冷蔵ケース(中央)や食品棚(背面)にさまざまな食品が置かれ、仮想店員が出し入れをデモ。撮影画像では、人の顔や商品判別などを確認できた。
 パナソニックは「セキュリティショー2015」にて、4Kでの高画質撮影が可能な屋外用ドーム型ネットワークカメラを展示。展示当初は“参考出展”で発売時期未定としていたが、初日の午後に“近日発売”へと表示を変更。2015年中に発売する予定という。

 4K屋外ドームネットワークカメラは、レンズに約100度の超広角6倍ズームを採用。映像処理エンジン「4K Ultra HD Engine」を搭載し、高圧縮率を誇るH.264でエンコードすることで4K(3,840×2,160/30fps)および12Mピクセル(4,000×3,000/15fps)の高解像度による動画配信を可能とした。

 レンズの制御では、同社の業務用デジタルハイビジョンビデオカメラなどに搭載されている「4ドライブレンズシステム」を応用した新開発の「3ドライブレンズシステム」を搭載。3つのレンズ群の操作を個別のモーターで制御し、高画質と高倍率ズーム、さらに本体の小型化を実現している。

 内蔵センサーは新開発の1/1.7型高感度MOSセンサーを採用し、低照度の環境でも十分撮影できる。また、夜間監視時には内蔵の赤外線照明(IR LED)を使用し、照度0ルクスであっても30m先まで撮影が可能。望遠で撮影すれば100m先でも人の顔が判別できるとしており、同社ではスタジアムや駐車場、交差点などに設置して広角で撮影、監視時にはズームアップして確認するといった使い方を想定している。

 4K監視カメラは国内・海外ともに出揃いつつあるが、パナソニックでは国内メーカーとしてレンズの質を重視している。さらに撮影時にレンズの中心部と比べ外周部分で撮影された範囲の精細さが劣りやすいため、その差をいかに少なくするかに力を入れているとのことだ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top