年収500万円以上の人は利用している!? 半数が週1回はモーニング | RBB TODAY

年収500万円以上の人は利用している!? 半数が週1回はモーニング

エンタメ 調査

モーニングセット(イメージ)
  • モーニングセット(イメージ)
  • あなたがモーニングを利用する頻度をお答えください。(年代別、単数回答、n=1000)
  • あなたがモーニングを利用する頻度をお答えください。(年収別、単数回答、n=1000)
  • あなたがモーニングで利用したことのある店舗をお答えください。(単数回答、n=1000)
  • あなたがモーニングで利用したことのある店舗の満足度をお答えください。(単数回答、n=1000)
  • モーニングを提供している店舗に対して重視していること1位~5位まで教えてください。(単数回答、n=1000)
  • あなたがモーニングを利用する際の、予算を教えてください。(平日、単数回答、n=1000)
  • あなたがモーニングを利用する際の、予算を教えてください。(休日、単数回答、n=1000)
 数年前から注目されている朝活。健康増進のため、朝、お店で食事を摂ってから出勤する人も増えているという。

 総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングでは、月に一度以上モーニングを利用したことのある社会人30歳~69歳の男女1000人を対象に、朝の時間帯にドリンクやトーストなど特定のメニューを朝食として提供するサービス、「モーニング」をテーマにしたインターネットリサーチを実施した。

 モーニングで利用したことのある店舗についてたずねると、最も多いのは、コーヒーショップでは「ドトールコーヒー」58.0%、ファストフードでは「マクドナルド」71.7%、ファミリーレストランでは「ガスト」47.5%、牛丼屋では「吉野家」31.3%という結果に。

 モーニングで利用したことのある店舗の満足度を5段階で評価し、「満足」「やや満足」を合計したところ、全体で最も評価が高かったのは「コメダ珈琲」(71.3%)だった。年代別にみると、30代40代が「コメダ珈琲」を高く評価。60代のトップは「デニーズ」(77.3%)「エクセルシオール」(76.0%)を支持している。しかし、全ての店舗で半数以上が「満足・やや満足」と回答していることから、現在のモーニングのメニューは満足度の高いものが多そうだ。

 また、モーニングを提供している店舗に対して重視していることを1位から5位まで聞き、1位を5ポイント、2位を4ポイント、3位を3ポイント、4位を2ポイント、5位を1ポイントとして算出。一番重視されているのは「料理・ドリンクの品質」となった。

 モーニングの利用頻度の増減で比較すると、利用頻度が増えたという人の重要点は、「料理・ドリンクの品質」に加え「落ち着ける空間・広さ」「料理・ドリンクのボリューム」と回答。モーニングの利用が増えたと回答したのは若い世代が多かったこともあり、ボリュームを求める傾向にあるようだ。

 さらに、モーニングを利用する際の予算を聞いたところ、平日では「300円~500円未満」が60.8%で最も多く、次いで「500円~800円未満」が31.8%。休日では、「500円~800円未満」の利用者が増え43.4%と、平日よりも11.6ポイント高かった。また、「800円~1,000円未満」の利用者も休日になるとわずかながらポイントが上がっていることから、休日の朝は少し贅沢に朝食をとりたい気分になるのかもしれない。

 そこで個人年収別に比較すると、個人年収が500万円以上の人は“週に1回以上”利用していると回答した人が50.7%と半数を超えることが明らかに。朝の時間を有効に活用し、しっかりと朝食を摂ることにより、仕事がはかどるといった結果に繋がるのだろうか。
《non》

関連ニュース

特集

page top