パナソニックエコソリューションズ、「スマートHEMS」と電動窓シャッターを連携 | RBB TODAY

パナソニックエコソリューションズ、「スマートHEMS」と電動窓シャッターを連携

ブロードバンド セキュリティ

電動窓シャッターの操作イメージ。画像左のモニターはインターホンやセキュリティ機能にも対応可能な「住まいるサポ [E型]」(画像はプレスリリースより)
  • 電動窓シャッターの操作イメージ。画像左のモニターはインターホンやセキュリティ機能にも対応可能な「住まいるサポ [E型]」(画像はプレスリリースより)
  • 電動窓シャッターの操作画面。個別操作や一括操作に加え、1台ごとにタイマー設定で任意の時間に自動開閉することも可能(画像はプレスリリースより)
 パナソニック エコソリューションズは、「スマートHEMS」につながる機器として、新たに電動窓シャッターとの連携を5月下旬から開始する。

 「HEMS」とは「Home Energy Management System」の略で、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムのこと。本ソリューションでは、最大32台の電動窓シャッターが登録できる。

 1台ごとの個別操作(開・閉・停止)はもちろん、外出時や起床時・就寝時の一括操作(開・閉)やタイマー設定による自動開閉が可能。「スマートHEMS(ヘムス)」専用のモニターに加え、スマートフォン、タブレット、パソコンなどがモニターとして利用可能だ。

 連携できる電動窓シャッターは、文化シヤッター製「マドマスター・スマートタイプ」(5月下旬発売予定)が対象。なお、このシステムは25日~27日に東京ビッグサイトで開催される「第5回国際スマートグリッドEXPO」に出展する予定だ。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top