防犯面にも配慮した集合住宅用「換気機能付き玄関ドア」が登場 | RBB TODAY

防犯面にも配慮した集合住宅用「換気機能付き玄関ドア」が登場

エンタープライズ セキュリティ

室外側の施工イメージ(画像はプレスリリースより)
  • 室外側の施工イメージ(画像はプレスリリースより)
  • 室内側の施工イメージ(画像はプレスリリースより)
  • 扉下部底辺部分の開口と室内側の換気パネルで通気する(画像はプレスリリースより)
  • 自然の風を使った効率的な換気が実現する(画像はプレスリリースより)
 YKK APは、集合住宅用「換気機能付き玄関ドア」を27日から発売する。

 集合住宅の構造上、換気をするならバルコニーから玄関にかけて換気させるのが効率的だ。しかし、防犯面やプライバシー面を考えるなら、玄関を開けっぱなしにする換気はなかなか難しい。

 本製品は、玄関ドアに換気機能を組み込み、扉を施錠したままでも風が通る構造になっている。外側からは通気口が分かりにくい設計になっているので、防犯面・プライバシー面もしっかり守られる形だ。

 また、防虫・防サビ対策も配慮されていて、耐震仕様や指はさみ防止仕様にすることも可能。

 新築物件だけでなく、集合住宅玄関ドアのリフォーム用にも対応。「換気機能付き玄関ドア」は、フレキシブルで多彩なデザインを選択できるハイグレード商品「R'sSDX」、美しさと機能性を併せもつ基幹商品「EXIMA80St」の2シリーズを展開していく。

「R’sSDX」換気機能付きは、177,000円から、「EXIMA80St」換気機能付きは121,000円からとなる(仕様、デザインにより異なる)※消費税、現場搬入費・取付工事費、諸経費は含まない。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top