海老蔵×獅童×クドカン×三池崇史の異色の新作歌舞伎が開幕! | RBB TODAY

海老蔵×獅童×クドカン×三池崇史の異色の新作歌舞伎が開幕!

エンタメ その他

六本木歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事』舞台シーン
  • 六本木歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事』舞台シーン
  • 六本木歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事』舞台シーン
 歌舞伎俳優の市川海老蔵と中村獅童のダブル主演に、脚本・宮藤官九郎、演出・三池崇史で、登場人物が宇宙で活躍するという異色の歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事(ちきゅうなげごろううちゅうのあらごと)』が、3日開幕した。

 『地球投五郎宇宙荒事』の時代設定は元禄時代。度重なる宇宙生命体の襲来によって、江戸幕府はその機能を失い、とうとう獅童演じる宇宙人の親玉「駄足米太夫(だあしべえだゆう)」の襲来を許す。そこに海老蔵演じる正義の味方「地球投五郎(ちきゅうなげごろう)」が現れる、という展開。

 海老蔵は、この作品の上演のきっかけについて、昨年獅童と共演した舞台の最中に楽屋で「2人で新しいこと(歌舞伎)をやりたいね」と話したことだという。その場で脚本を宮藤に、演出を三池に直接電話し、「猛スピードで決まった」と明かした。また、2012年に亡くなった中村勘三郎からも「成田屋のお家芸は“荒事”なんだし、新作をやるなら最後は地球を投げちゃうくらいのことやって欲しい」と言われていたエピソードを披露、それも今回の作品のヒントになっていると述べた。

 獅童もやはり勘三郎から「まだ歌舞伎を見たことのない人を振り向かせる事が君の使命だ」と言われたと語り、「“今の歌舞伎”ももちろん大事だが、“未来の歌舞伎”はもっと大事だと思っている。“歌舞伎ってカッコイイんだ”って感じて欲しい」と意欲を見せた。その上で、三池の演出ということで「もしかしたら映像とか現代の技術が詰まった新作と予想される方も多いと思うが、本来の歌舞伎に忠実に作っている」と、伝統芸能を伝える者としてのフォローも忘れなかった。

 六本木歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事』は、2月3日から2月18日まで、EXシアター六本木で、全30回公演で上演される。
《》

関連ニュース

特集

page top