2014年の携帯電話の出荷、フィーチャーフォンが2008年以来の増加傾向 | RBB TODAY

2014年の携帯電話の出荷、フィーチャーフォンが2008年以来の増加傾向

エンタープライズ モバイルBIZ

携帯電話端末の出荷台数(2012年~2014年)
  • 携帯電話端末の出荷台数(2012年~2014年)
  • OS別スマートフォン出荷台数(2012年~2014年)
  • 携帯電話端末契約数の推移
 MM総研は3日、2014年1月~2014年12月の国内携帯電話端末の出荷台数に関する調査結果を発表した。

 従来型携帯電話(フィーチャーフォン)およびスマートフォンをあわせた総出荷台数は、前年比2.5%減の3,828万台。2012年から2年連続での減少となっている。

 スマートフォン出荷台数は2,770万台で前年比5.3%減。総出荷台数に占める比率は72.4%だった。一方で、フィーチャーフォン出荷台数は1,058万台で5.7%増。比率も27.6%と上昇した。スマホが本格普及し始めた2008年以降では、フィーチャーフォン出荷台数が前年を上回るのは初とのこと。

 メーカー別出荷台数では、1位はAppleで、1,648万台(前年比29.3%増)の3年連続1位となっている。総出荷台数に占めるシェアは43.1%で、前年より10.6ポイント増と大きく伸ばした。主要3キャリアが年間を通してiPhoneを発売したことなどが押し上げの要因とみられる。またこれにより、OS別シェアでも、2013年トップのAndroidをiOSが抜き、シェア59.5%となっている(Androidはシェア40.3%)。2014年12月に「Fx0」が発売されたことで、Firefox OSもシェア0.2%を初獲得している。

 携帯電話端末の契約数については、推計で1億2,511万件(人口普及率98.5%)。そのうち、スマートフォン契約数は6,544万件で52.3%を占めると試算されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top