ソーシャルギフト、利用者の約3割が「SNS上だけの友人に贈った経験」あり | RBB TODAY

ソーシャルギフト、利用者の約3割が「SNS上だけの友人に贈った経験」あり

ブロードバンド その他

「ソーシャルギフト」をもらったときの行動(n=58)
  • 「ソーシャルギフト」をもらったときの行動(n=58)
  • 「ソーシャルギフト」の贈り先(n=65)
  • 「ソーシャルギフト」の認知(n=576)
 ジャストシステムは21日、「ソーシャルギフト」に関する調査結果を発表した。調査期間は1月13日~14日で、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、20代~50代の男女576名から回答を得た。

 それによると、ソーシャルギフト(ネット経由でプレゼントできるサービス)を「利用したことがある(贈った経験のみ、もらった経験のみを含む)」人は、14.3%。今後、「ソーシャルギフトを利用してみたい」人は27.2%だった。理由として「すぐに相手に届けられる」「お礼・感謝の気持ちを気軽に伝えられる」が上位となっている。

 「ソーシャルギフトを贈ったことがある相手」としてもっとも多かったのは、「1年以上会っていないが、SNSでつながっている友人・知人」で50.8%。続いて「1年に1回以上は会っている友人・知人」43.1%だった。また「SNSで知り合って、会ったことはない友人」に贈ったことがある人も、27.7%存在した。これは「家族・兄弟姉妹・親戚」と並ぶ数字だ。

 「ソーシャルギフトをもらったことをSNSで公表するか」という質問で、男性は「Twitterで伝える」46.4%、女性は「Facebookで伝える」30.0%が上位だった。なお「誰にも知らせない」が男性7.1%に対し、女性は33.3%と、大きく差が出た。

 なおソーシャルギフトの利用意欲がある人が贈りたいプレゼントとしては、1位「スイーツ・お菓子」43.3%で、全世代、男女ともに人気だった。以下2位「花束・アレンジメント」29.3%、3位「指定の店舗で買い物できる金券」26.1%が続いた。予算は、「1,001~3,000円以内」29.3%が最多だった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top