空中に手書きする指輪型ウェアラブルデバイス、富士通研が開発 | RBB TODAY

空中に手書きする指輪型ウェアラブルデバイス、富士通研が開発

エンタープライズ モバイルBIZ

指輪型ウェアラブルデバイス
  • 指輪型ウェアラブルデバイス
  • 空中手書き入力と文字補正技術
 富士通研究所は13日、手書き入力機能とNFCタグリーダを備えた、小型軽量な指輪型ウェアラブルデバイスを開発したことを発表した。

 10g以下の重量でモーションセンサーを搭載しており、空中で手書きすることで、その軌跡を文字として認識できる。これにより、メニューを選択したり、現場で撮影した写真の上にメモを残したりすることが可能になる。一筆書きの軌道を独自技術で認識・補正することで、文字の認識率を高めることに成功したとのこと。

 数字入力に関しては、入力のための訓練をすることなく約95%の認識率を達成しているという。ユーザーからの手書き文字入力の開始の指示などは、親指でボタンを押すことで簡単に操作できる。

 同時に、NFCタグリーダを内蔵することで、タグをタッチした際に作業対象物を特定し、作業内容を提示するといった使用方法も可能となっている。これらの技術により、作業中に道具などを持ったままでも、作業を止めることなく最小限の動作で情報を操作できる。今後は、操作性などの検証を行い、2015年度中の実用化を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top