【CES 2015】数ミリの薄さの液晶テレビを製造可能にするガラス「Iris Glass」 | RBB TODAY

【CES 2015】数ミリの薄さの液晶テレビを製造可能にするガラス「Iris Glass」

IT・デジタル その他

CESコーニングブースで展示されたSDP製70インチ超薄型液晶モジュール
  • CESコーニングブースで展示されたSDP製70インチ超薄型液晶モジュール
  • CESコーニングブースで展示されたSDP製70インチ超薄型液晶モジュール(横からの撮影)
  • Corning Iris Glass
 米コーニングは6日、液晶テレビを大幅に薄型化することを可能にするガラス基板「Corning Iris Glass」をCESで発表した。スマートフォンと同程度の厚さで、液晶テレビを生産できるという。

 一般的な液晶テレビでは、LED光を一定方向に伝播する「導光板」が必要となる。ガラスは光透過率が劣るため、従来の導光板としては、プラスチックが使用されているが、一方で、剛性の不足や湿気による膨張といった問題を抱えていた。

 「Corning Iris Glass」は、優れた光透過性で、明るい画像を実現するとともに、プラスチックの36倍の剛性を保持しているという。これにより構造部品の簡素化が可能となり、液晶テレビを10ミリ未満の厚さで設計できるとのこと。熱膨張率も90%低いため、ベゼル部分の幅も狭めることが出来る見込みだ。

 CESのコーニングブースでは、SDP(堺ディスプレイプロダクト)と協力し、Iris Glassを採用した、SDP製70インチ超薄型液晶モジュールのプロトタイプを展示中。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top