磯野貴理子が復帰……明石家さんまの言葉が闘病の支えに | RBB TODAY

磯野貴理子が復帰……明石家さんまの言葉が闘病の支えに

エンタメ その他

磯野貴理子(所属事務所公式プロフィールより)
  • 磯野貴理子(所属事務所公式プロフィールより)
  • 磯野貴理子の退院について所属事務所の発表
 昨年10月23日に脳梗塞を発症して緊急入院し、同年12月7日に退院したタレントの磯野貴理子が4日放送の「行列のできる法律相談所 さんまVS世間を騒がす!怒れる美女軍団2時間SP」(日本テレビ系)に出演、元気な姿を見せた。

 収録は昨年12月14日に行われ、これが仕事復帰第1弾となった磯野は番組終盤に「めえー、めえー」と今年の干支である未(ひつじ)年にちなんでヒツジの真似をして登場した。出演者から拍手で迎えられ、「久しぶりに声を出して笑った」と笑顔。司会を務めたタレントの明石家さんまから「ようこんな早く戻って来られたなぁ」と言われ、約1ヵ月半ぶりの復帰に感慨深い表情を見せた。

 磯野は入院中は不安でいっぱいだったといい、常に「本当に復帰できるのか。以前のようにテレビ番組でしゃべることができるのか」と悩んでいたという。そんな時に励みなったのが、ネットで見かけた、さんまが娘でタレントのIMALUに向けた言葉。「なに、泣いてるんや。笑え、笑え」というものらしく、これに勇気づけられ、リハビリに務めたと告白した。

 飲食店店長を務める24歳年下の夫・高橋東吾氏も出演し、「夫婦として大きく変わった。前よりも仲のいい夫婦になった」と語り、磯野も自身の日記に「初めて夫婦になれた気がする」と記した。

 磯野は最後も「めえー、めえー」と叫んで改めて、元気な姿をアピールした。
《花》

関連ニュース

特集

page top