ソニーがPC事業売却、ワイモバイル誕生……2014年注目記事(エンタープライズ編) | RBB TODAY

ソニーがPC事業売却、ワイモバイル誕生……2014年注目記事(エンタープライズ編)

エンタープライズ その他

【1月】NHK、8Kスーパーハイビジョンの地上波での長距離伝送実験に成功
  • 【1月】NHK、8Kスーパーハイビジョンの地上波での長距離伝送実験に成功
  • 【2月】2月に発売された「VAIO Fit 11A」。“ソニーとして最後の「VAIO」”の1台となる
  • 【2月】Facebook が WhatsApp を買収 (c) Getty Images
  • 【4月】4G LTE キャリアアグリゲーションとは
  • 【6月】au「カケホとデジラ」
  • 【7月】「ワイモバイル」サイト
  • 【9月】米セレブ写真流出でアップルが声明。写真が流出したとされるジェニファー・ローレンス (c) Getty Images
  • 【12月】「TSUTAYA mobile」オリジナル・スマートフォンのコンセプト
 2014年、RBB TODAYのエンタープライズコーナーで紹介した記事から注目の出来事を振り返る。ソニーのPC事業売却、ドワンゴとKADOKAWAの経営統合、ワイモバイルの誕生など、今年も大きな動きがあった。

【1月】
●Mozillaとパナソニック、Firefox OS搭載の次世代スマートテレビを提供へ
●NTTドコモ、Tizen OS搭載のスマートフォンを当面見送りへ
●NHK、8Kスーパーハイビジョンの地上波での長距離伝送実験に成功へ

 モバイル領域で、各社の戦略の転換を象徴するような出来事が相次いだ。ドコモが開発を進めていたTizenがフィナーレを迎えた一方で、家電メーカーがスマホ系OSをテレビに搭載するなど、ドラマチックな企業動向が見られた。

【2月】
●ソニーのPC事業、売却が正式決定……日本産業パートナーズに譲渡
●LINE、2013年通期の売上額は343億円
●FacebookがWhatsAppを買収

 ソニーのPC事業の売却は、新旧「VAIO」ユーザーに一つの時代の区切りを感じさせた。一方でソーシャル系の買収劇では、Facebookが全世界で人気のチャットアプリ「WhatsApp」を傘下に収めた。またビットコインのマウントゴックスが破綻し、大きな話題となった。

【3月】
●富士通、国内グループ200社・11万人のコミュニケーション基盤を統一完了
●携帯キャリア全社、救助機関に利用者の位置情報を提供……「重大な危険」に対応
●ヤフー、イー・アクセスを子会社化……新事業「Y!mobile」を展開

 イー・アクセスとウィルコムが合併した後、ヤフーがイー・アクセスを子会社化し、新事業「Y!mobile」を展開することを発表。しかしこの戦略は、見直されて中止となった。最終的にイー・アクセスはワイモバイル株式会社に生まれ変わり、新ブランド「Y!mobile」を誕生させている。同じソフトバンクグループとはいえ、モバイルにおける戦略の難しさを感じさせる出来事となった。

【4月】
●ヤマダ電機、モバイル決済「PayPal Here」を試験導入……大手流通業では国内初
●KDDI、今夏LTEのキャリアアグリゲーション導入を発表……2つの周波数で最大150Mbps
●グーグルが“大気圏衛星”開発へ……メーカーを傘下に

 従来の通信事業では「つながりやすさ」「エリアの広さ」が重視されてきたが、LTEが一般化して以降、携帯各社は「通信速度向上」で鎬を削っている。KDDIは「キャリアアグリゲーション」により他社との差別化を打ち出したが、他社もさまざまな戦略や技術開発を進めている。

【5月】
●【ソフトバンク決算】日本企業最速で営業利益1兆円突破
●グリー、中古品買取事業に参入……「uttoku by GREE」を開始
●ドワンゴとKADOKAWAが経営統合……両者の完全親会社を設立

 ドワンゴとKADOKAWAが両社の完全親会社となる統合持株会社「株式会社KADOKAWA・DWANGO」を10月に設立し、経営統合することを発表した。両社は2010年の包括的業務提携以降、ドワンゴが持つネットワーク技術とKADOKAWAのエンタテインメント・コンテンツとの相乗効果を強化している。

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top