国内タブレット端末市場、初のマイナス成長……個人市場が伸び悩み | RBB TODAY

国内タブレット端末市場、初のマイナス成長……個人市場が伸び悩み

エンタープライズ モバイルBIZ

2014年第3四半期 国内タブレット端末出荷台数 ベンダー別シェア
  • 2014年第3四半期 国内タブレット端末出荷台数 ベンダー別シェア
 IDC Japanは25日、国内タブレット端末の2014年第3四半期(7~9月)の市場調査結果を発表した。出荷台数は、前年同期比3.0%減の162万台だった。

 四半期ベースでマイナス成長を記録したのは、同社の2010年の調査開始以来、初とのこと。個人向け市場におけるAndroid搭載タブレットの出荷台数が大幅に減少しており、前年同期比13.7%減の113万台になったことが主要因とみられる。法人向けタブレット市場は、WindowsOSおよびiOS搭載タブレット需要が堅調に推移しており、今四半期における出荷台数は前年同期比36.3%増の49万台となっている。

 ベンダー別出荷台数シェアでは、堅調な出荷を続けるアップルが49.3%で第1位を維持。NTTドコモが4G搭載iPadシリーズの販売を開始したことも貢献した。第2位には、低価格帯タブレット端末を積極的に市場投入した台湾エイスースがランクイン。3位はソニーとなった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top