リオンから多チャンネル強震計測装置「SM-29」が発売 | RBB TODAY

リオンから多チャンネル強震計測装置「SM-29」が発売

エンタープライズ セキュリティ

http://www.rion.co.jp/news/2014/12/news-141205.html
  • http://www.rion.co.jp/news/2014/12/news-141205.html
  • SM-29を中心とした地震観測システムの概念図。地震動の検知に伴う二次災害防止のためのデータ収集が確実にできる(画像は同社リリースより)。
 リオンは「強震計測機能」と、地震動以外の振動を72日間記録する「常時振動波形収録機能」を搭載した多チャンネル強震計測装置「SM-29」を12月10日から発売開始した。橋梁やダム、交通機関や電力施設での地震計測や地震動が構造物に及ぼす影響などのデータ収集に使用される。


 大地震の地震計測として最大加速度±4,000Galまでの測定が可能、FTPサーバーとイーサポートを標準装備してWeb上でのデータ収集や設定変更だけでなく、震度情報ネットワークにも対応可能となっている。

 地震発生時の自動制御としては、感震器2台またはどちらか1台に設定された値を超えた場合に計測を開始する「AND起動」と「OR起動」、感震器3台の内2台が設定された閾値を超えた場合に地震計測を開始する「2 out of 3起動」を標準装備。これによって緊急時に動作する制御機器との確実な連動が可能となっている。

 感震器は6台まで接続できるが、7台以上の感震器を同時稼動で地震を観測する場合は複数台の「SM-29」を連動することも可能だ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top