So-net、那覇空港で訪日外国人向け「Prepaid LTE SIM」を自動販売機で販売 | RBB TODAY

So-net、那覇空港で訪日外国人向け「Prepaid LTE SIM」を自動販売機で販売

ブロードバンド その他

国際線出口すぐ前、観光案内所横に設置予定
  • 国際線出口すぐ前、観光案内所横に設置予定
  • 自動販売機のイメージ
  • SIMサイズは標準SIM、MicroSIM、nanoSIMの3種
  • 購入から利用までの流れ
 ソネット(So-net)は18日、訪日外国人観光客向けのサービスとして、日本国内で高速モバイルデータ通信ができるプリペイド式SIM「Prepaid LTE SIM」を沖縄・那覇空港にて提供を開始することを発表した。

 19日より那覇空港内・1階到着ロビー国際線出口前の自動販売機で販売を開始。日本国内の国際空港でのプリペイド式SIMの自販機設置は、2014年4月の関西国際空港、12月の仙台空港に続く3例目となる。

 「Prepaid LTE SIM」では、1GB・3GBの2プランを用意。「1G」は、利用期間30日、3,000円(税込)で、SIMサイズは標準SIM/Micro SIM/nano SIMとなっている。最大通信速度は、下り150Mbps/上り50Mbps。「3G」は、利用期間60日、5,000円(税込)で、SIMサイズと最大通信速度は1Gと同じ。

 なお、各プランとも追加チャージが可能で、チャージやデータ残量の確認は、ユーザーWebから行える。電話サポートは日本語・英語、サービスサイトは日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)、マニュアルは日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語にそれぞれ対応している。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top