大阪・中之島周辺舞台に光のアートフェス開催 | RBB TODAY

大阪・中之島周辺舞台に光のアートフェス開催

エンタメ その他

光☆絵「glisten」
  • 光☆絵「glisten」
  • フランスアベニュー(昨年の様子)
  • ローズライトファンタジア2014
 大阪では、中之島にある市役所周辺を舞台に壮大な光の祭典が今夜から繰り広げられる。

 1日からスタートした「大阪・光の饗宴2014」のコアプログラムとして「OSAKA光のルネッサンス2014」が14日の午後にイルミネーション作品と3Dマッピングの点灯式を迎える。まずは大阪市中央公会堂正面のケヤキ並木を光で装飾した「フランスアベニュー」を点灯させた後、同公会堂をキャンバスに見立てて3Dマッピングプログラム名「Les Anookia Osaka!~アヌキが大阪にやってきた!~」の1回目を照射する予定だ。

 「OSAKA光のルネッサンス2014」は、大阪市中央公会堂を中心とした「光のフェスティバルパーク(中央会場)」と難波橋から東側一帯に広がる「中之島ローズライトパーク(東会場)」の2つに分かれ、それぞれ趣向を凝らしたイルミネーションプログラムが多数登場する。来場者はそれらのイルミネーションを見るだけでなく、「人気プログラム投票」によってWebページから気に入ったプログラムに投票できる参加型のアートフェスになっている。なお、投票対象は中之島周辺に点在するコアプログラム8作品と既に大阪市内各所で展示中のエリアプログラム10作品。それぞれの会場とイルミネーションを巡りながらお気に入りのベストワンを選出することになる。

 このほかにも大阪市役所のロビーや大阪中央公会堂でコンサートが開催されたり天神橋高架下付近では大阪パフォーマーライセンスが認定した路上などで活躍するミュージシャンや大道芸パフォーマー達によるパフォーマンスを見聞きすることが可能だ。加えて夕方の時間帯から大阪市役所玄関ホールにお洒落なカフェが出現したり中之島公園水上劇場周辺にヨーロッパのグルメをテーマにした料理や飲み物をふんだんに取りそろえた18店が集合する飲食エリア「光のマルシェ」も出店している。一方、東会場中之島公園 阪神高速高架下周辺には、全国各地の個性あふれる名物メニューが集結するローズライトマーケットがもてなしてくれることになっている。
《鈴池和久》

関連ニュース

特集

page top