「フリーWi-Fiの新たな幕開け」……Wi2が17団体と訪日外国人向けWi-Fi事業を開始 | RBB TODAY

「フリーWi-Fiの新たな幕開け」……Wi2が17団体と訪日外国人向けWi-Fi事業を開始

ブロードバンド その他

Wi2の大塚浩司社長(前列右から3人目)をはじめ、参画する企業や自治体の代表者が出席
  • Wi2の大塚浩司社長(前列右から3人目)をはじめ、参画する企業や自治体の代表者が出席
  • Wi2の大塚浩司社長
  • 会場ではサービスのタッチアンドトライも実施
 ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は11日、全17の企業や自治体と協同し、訪日外国人観光客向けサービスを提供する「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクトの発足を発表した。

 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクトは、日本に観光で訪れる外国人を対象にしたインバウンドビジネス。専用のスマホアプリをダウンロードすると、フリーWi-Fiが利用可能となるほか、参画企業や自治体との連携により、アプリにユーザーが接続しているWi-Fiスポット近くのスポットの情報や地図がタイムライン形式で配信される。12日からGoogle PlayおよびApp Storeで順次配信が開始となる。

 同日に都内で行われた発表会には、Wi2の大塚浩司社長をはじめ、プロジェクトに参画しているアクセンチュア、小田急電鉄、京都文化交流コンベンションビューロー、神戸市、ジェーシービー、ドン・キホーテ、日本航空、パナソニックインフォメーションシステムズ、ぴあの各代表者が出席した。

 まず冒頭で登壇したWi2の大塚社長は、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクトについて、「これを機に、日本のフリーWi-Fiの新たな幕開けとなる」と力強く宣言。続いてプロジェクトについても説明を行い、特長として「日本全国の約24万か所のWi-Fiが無料で利用できること」を挙げた。

 今回のプロジェクトでは空港や鉄道、人気観光スポット、商業施設など外国人観光客の動線を幅広くカバーし、アプリで簡単に接続が可能となることで、「(訪日外国人にとって日本でのWi-Fiは)よく分からない、使いにくいといった意見が多い」(大塚社長)といった、ネガティブな部分を解消できるとしている。

 また、Wi2とアクセンチュアの共同開発による先進分析プラットフォームを活用することを発表。ヒートマップや施設訪問情報など、アプリを利用したユーザー属性情報を参画企業や自体に対して分析レポートとしてフィードバックすることで、従来より精度の高い効果的なプロモーション策定の実現が可能になるという。大塚社長はこうした取り組みについて、「オープンなプラットフォームと革新的なエコシステムである」と強調し、「パートナーと連携しながら、最高のおもてなしをしたい」と語った。

 プロジェクトは2015年6月末までをトライアル期間とし、その間の効果やユーザーの利用状況などを分析・検証。7月より本格的な商用展開を目指し、参画企業や自治体の拡大を図っていくという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top