【トレンド】ブラック・フライデー、日本でも実施……貝印は売り切れ続出 | RBB TODAY

【トレンド】ブラック・フライデー、日本でも実施……貝印は売り切れ続出

エンタープライズ その他

貝印の「ブラック・フライデーセール」
  • 貝印の「ブラック・フライデーセール」
  • 貝印の「ブラック・フライデーセール」
 黒い金曜日、ブラック・フライデー。キッチン用品、製菓用品、美容用品メーカーの貝印は、アメリカの「ブラック・フライデー」に合わせ、11月28日~12月1日の4日間限定の値下げセールを、貝印オンラインストアで開催した。

 貝印が国内トップシェアを占める包丁をはじめ、キッチン用品などを中心に、販売期間終了の商品やデッドストック品を、50~80%OFFの特別価格で販売した。貝印が「ブラック・フライデー」セールを開催するのは初めてだ。

 日本では、たとえばクリスマス、バレンタインデー、ホワイトデーなどの海外発祥のシーズンイベントが生活に定着している。近年ではハロウィンがこれらに加わり、ビジネスシーンにおいても商戦期となっている。貝印は、日本ではまだ馴染みの薄い「ブラック・フライデー」に着目し、いち早く市場のニーズを取り入れて購入機会を創出する、としている。

 アメリカ発の「ブラック・フライデー」は、感謝祭(11月第4木曜日)翌日の金曜日を指す。1年のうちで最も安く買い物が出来るほどのセールがアメリカ全土で行なわれ、この日からクリスマスに向けた商戦がはじまる。貝印によると、小売業界がこの日を境に「黒字=ブラック」に転換するというのが、名称の由来だという。

 貝印の「ブラック・フライデーセール」では、セール期間の1日あたりの平均売上額は、今期通常時の3倍を超え、売り切れになる商品が多数出たという。とくに目玉の80%OFF商品については、たとえば、「関孫六10000CL包丁&まな板3点セット」(牛刀とペティナイフ、まな板のセット)はページ公開後4時間で、「関孫六AD4000三徳包丁」は3時間でそれぞれ完売するなど、好評だった。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top