ソフトバンク、風力発電ベンチャーの米Altaeros社へ約8億4千万円を出資 | RBB TODAY

ソフトバンク、風力発電ベンチャーの米Altaeros社へ約8億4千万円を出資

エンタープライズ 企業

Altaeros社 BAT発電イメージ画像
  • Altaeros社 BAT発電イメージ画像
  • Altaeros社 BAT発電イメージ画像
 ソフトバンクは5日、米Altaeros Energies, Inc.に700万米ドル(約8億4,000万円)の出資を行うことを発表した。Altaeros社の「空中浮体式風力発電」(Buoyant Airborne Turbine:BAT)技術の開発と商用化を支援するのが目的。

 Altaeros社は、2010年にマサチューセッツ工科大学で設立。航空宇宙科学分野で証明済みの技術を用い、風力発電設備を、約600m上空にヘリウムガスで浮上させて発電する技術を保持している。これにより、従来の風力発電設備で到達する高さよりも、強く安定した風を受けることができるという。

 Altaeros社のBAT技術による発電は、従来の同規模タワー型風力発電設備に比べて2倍を超える電力量を発電可能。またBATの設備は標準的な輸送コンテナで運搬できる。そのため、島しょ部や遠隔地、鉱山、石油や石炭の採掘場、農地、災害時の非常用電源、通信設備などでの幅広い活用が見込まれる。

 ソフトバンクグループ代表の孫正義氏は「Altaeros社による空中浮体式風力発電技術は、高度100m~600mでの発電を行う新しい取り組みであり、日本ならびにアジア太平洋地域の離島やルーラル地域への自然エネルギーによる電力供給のソリューションとなることが期待されます。また、通信技術や監視技術との組み合わせによる新規事業の創出にも期待しています」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top