今年の年末年始、旅行は節約志向で近距離が人気 | RBB TODAY

今年の年末年始、旅行は節約志向で近距離が人気

エンタメ 調査

 JTB中部は3日、中部地区における今年の年末年始の旅行動向を発表した。

 今年の年末年始の休みは、12月29日・30日を休むと27日~1月4日の最大9日間となり、長い連休が取りやすい日並びとなる。しかし予約状況としては、海外では旅行日数が短い台湾やグアムなど近距離方面が人気。また年末年始よりも安い価格設定の12月25日~28日の出発が好調なことから、節約した旅行をする動きが広がっているとのこと。なお、国内ではUSJへの旅行が冬のイベントも開催されており、好調のようだ。

 中部発の国内旅行では、出発日のピークは12月28日、31日、29日の順の見込み。人気方面ベスト3は、TDR、USJ・阪神、沖縄の順となっている。前年同期比では関西方面が大きく伸び、特にUSJの宿泊プランは9月で完売。前年同期比252.0%と絶好調だ。また、航空を利用した北海道、JRおよび航空を利用した九州も好調。TDR年越し需要は堅調で、7月末にすでに完売したとのことだ。

 中部発の海外旅行では、出発日のピークが12月28日、27日、30日の順の見込み。人気方面ベスト3は、グアム、ハワイ、韓国の順で、日頃の疲れを癒やすためのリゾート方面が人気としている。
《花》

関連ニュース

特集

page top