アイ・オー・データが監視カメラ録画システム「アロバビューレコーダー」を販売開始 | RBB TODAY

アイ・オー・データが監視カメラ録画システム「アロバビューレコーダー」を販売開始

アイ・オー・データは小規模向けの監視カメラ録画システム「アロバビューレコーダー」の販売を11月26日から開始した。ルクレが開発した監視カメラ録画ソフトウェア「アロバビュー」を搭載しながら、価格を抑えているのが特徴だ。

エンタープライズ セキュリティ
対応カメラは国内主要10メーカー350機種以上。カメラを接続してすぐに使える手軽さと、従来製品から40%の低コスト化を実現。
  • 対応カメラは国内主要10メーカー350機種以上。カメラを接続してすぐに使える手軽さと、従来製品から40%の低コスト化を実現。
  • 画像は4TBタイプ。ロック付きのスロットに入るHDDは、熱や振動に強いWesternDigitalのNAS用ハードディスク「WD Red」。
 アイ・オー・データは小規模向けの監視カメラ録画システム「アロバビューレコーダー」の販売を11月26日から開始した。ルクレが開発した監視カメラ録画ソフトウェア「アロバビュー」を搭載しながら、価格を抑えているのが特徴だ。

 カメラ台数が4、6、8、10台に対応したモデルで、各HDD容量は2Tバイト/4Tバイトの2種類、合計8モデルを用意。直販ストアなどでの市場想定価格は、186,000~275,400円となっている。

 ハードウェアは従来のLAN DISK Zシリーズとして販売されている特定用途向け組み込み用サーバで、「Windows Embedded Standard 7」で動作している。なお、従来のLAN DISK Zシリーズに「アロバビュー」をインストールできるライセンスも提供する。

 販売は受注生産となり、年間3,000台の販売を見込んでいる。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top