竹中工務店とNTT Com、クラウドやビッグデータ解析を活用した建物管理システム | RBB TODAY

竹中工務店とNTT Com、クラウドやビッグデータ解析を活用した建物管理システム

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
次世代建物管理システムプラットフォーム概念図
  • 次世代建物管理システムプラットフォーム概念図
 竹中工務店とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は6日、クラウドを活用する「次世代建物管理システムプラットフォーム」を発表した。11月より順次提供を開始する。

 「次世代建物管理システムプラットフォーム」は、竹中工務店のビルコミュニケーションシステム(ビルコミ)と、NTT Comのクラウド環境とVPNネットワークを組み合わせ、各種ビル管理サービスをクラウド上で実現するもの。建物管理システムとして、国内で初めてビッグデータリアルタイム解析技術を採用するなど、先進的な技術を集めたという。

 基幹部分にオープンソースであるM2M通信プロトコル「MQTT」(MQ Telemetry Transport)を採用しており、さまざまなサービス提供企業が参加できる。またビルコミのゲートウェイ(ren.Gateway)は、既存の設備システムと高い親和性があり、新築ビル以外にも幅広い適用が可能なため、既存ビルの付加価値向上にも利用できる。複数ビルのエネルギー管理や、エリアの状態監視などにも対応する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top