DNP、ICタグ活用の企業書類管理サービスを提供開始……書類の電子化・保管も | RBB TODAY

DNP、ICタグ活用の企業書類管理サービスを提供開始……書類の電子化・保管も

エンタープライズ セキュリティ

サービス利用イメージ(貸出登録漏れのチェック)
  • サービス利用イメージ(貸出登録漏れのチェック)
  • サービス利用イメージ(棚卸し作業の効率化)
 大日本印刷(DNP)は7日、企業の重要書類およびデータ収録ディスクを、ICタグを利用して安全かつ効率的に管理するシステム、書類の電子化受託、書類・ディスクの保管受託を組み合わせた「ドキュメント管理サービス」の提供を開始した。

 DNPは、紙の書類を電子化して、パソコンなどで閲覧できる状態にする作業と、データ収録ディスクへのICタグ・バーコードなどの貼付け作業を受託。電子化したドキュメントを、ネットワークを通して閲覧するシステムの提供も行う。

 あわせて、ドキュメントの貸出・返却から、棚卸し管理、廃棄までを自社管理する企業向けに、システムを販売する。ドキュメントの貸出処理を行わずに専用ゲートを通ると警報が鳴るなど、不正な持ち出しの防止も可能になるとのこと。ICタグはさまざまな運用が可能で、書類・ダンボール箱が重なった状態でも一括読取りが可能な積層タイプ、ディスクに直接貼付けできるタイプなど、貼る対象ごとに適したICタグをラインアップしている。

  保管しきれないドキュメントの保管場所には、情報セキュリティを備えたDNPの施設を利用。入出庫の指示を受け付け、引取り・配送にも対応する。

 参考価格として、ICタグを利用したドキュメント管理システムは、ICタグ10万個、ゲート、棚卸し確認などを行うハンディー端末を含む標準セットで1,000万円(設置費用は別途)など。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top