【iPhoneケース展 Vol.4】iPhoneを丸ごと木にしてしまいたい人のために | RBB TODAY

【iPhoneケース展 Vol.4】iPhoneを丸ごと木にしてしまいたい人のために

IT・デジタル フォトレポート

t.H creationが展示するiPhoneケース
  • t.H creationが展示するiPhoneケース
  • t.H creationが展示するiPhoneケース
  • t.H creationが展示するiPhoneケース
  • t.H creationが展示するiPhoneケース
  • t.H creationが展示するiPhoneケース
  • t.H creationが展示するiPhoneケース
 微妙に丸みを帯びた美しさと木目の暖かさが目を引く。金型製作を行っている堺市のt.H creationが展示するiPhoneケースは、片面タイプと両面タイプの2種類に大別。木の種類も「けやき」「アサメラ」「ウォルナット」「ゼブラウッド」など数種類を用意する。

 ケース内の側面には薄いゴムが挿入されており、iPhoneがズレるのを防止。企画営業担当の樋口由紀氏は「結構、木は大きさが動きます(変化します)。中に入れるゴム製のチップは0.1mm単位で用意されており、調整することが可能です」とアピール。両面タイプも同様だが、蓋とはピンとマグネットを使って固定しやすいように配慮されている。

 現在はネットでの通販のみ。現場には1つだけサンプルがあったが、来月にはiPhone 6対応製品が発表できるのではとのことだ。「本当に木が好きで、iPhoneまるごと木にしてしまいたいという人」向けの製品だ。価格は「欅(けやき)」の両面タイプが18,000円、片面タイプが12,500円、ウォルナットの両面タイプが18,000円、片面タイプが12,500円などといった具合。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top