インテル、14nm製造プロセス採用「Core M」新製品群を数か月以内に提供開始 | RBB TODAY

インテル、14nm製造プロセス採用「Core M」新製品群を数か月以内に提供開始

 米インテルは米国時間11日、最新のマイクロアーキテクチャーと14nm(ナノメートル)製造プロセス技術に関する詳細を公開した。

エンタープライズ ハードウェア
14nm製造プロセスによるウェハー
  • 14nm製造プロセスによるウェハー
  • 14nm製造プロセス技術を使った「Broadwell」
 米インテルは米国時間11日、最新のマイクロアーキテクチャーと14nm(ナノメートル)製造プロセス技術に関する詳細を公開した。

 14nm製造プロセス技術を採用した最初の製品である「インテル Core Mプロセッサー」のマイクロアーキテクチャーの詳細を公開。前世代製品と比較して熱設計電力(TDP)の半減を実現すると同時に、同等の性能、さらなる消費電力性能の向上を実現しているという。

 新しいマイクロアーキテクチャー「Broadwell」(開発コード名)は、14nm製造プロセス技術によりもたらされる新機能を最大限活用できるよう最適化されたものとなっている。サーバ、PC、IoT機器など、さまざまな高性能かつ低消費電力のプロセッサー製品に採用する予定だ。

 インテル Core Mプロセッサーを搭載した最初のシステムは、2014年の年末商戦に提供開始予定で、その後、2015年上半期に幅広いシステムメーカーから提供開始となる予定。これらの新製品群は、今後数か月以内に発表される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top