サムスン、Tizen搭載で単体で通話も可能な新型スマートウォッチ「Gear S」 | RBB TODAY

サムスン、Tizen搭載で単体で通話も可能な新型スマートウォッチ「Gear S」

 サムスン電子は28日、OSにTizenを搭載するスマートウォッチ「Gear S」を発表した。3G対応SIMを搭載し、10月初旬に世界各国で発売する予定。

IT・デジタル スマートフォン
Tizen搭載で単体で通話も可能なスマートウォッチ「Gear S」
  • Tizen搭載で単体で通話も可能なスマートウォッチ「Gear S」
  • 「Gear S」ブラックモデル
  • 「Gear S」
  • 「Gear S」
  • ディスプレイは2インチのスーパー有機EL
  • 「Gear S」着用イメージ
 サムスン電子は28日、OSにTizenを搭載するスマートウォッチ「Gear S」を発表した。3G対応SIMを搭載し、10月初旬に世界各国で発売する予定。

 SIMを搭載するため、「Gear 2」など同社の他の腕時計型スマートウォッチと違って単体で通話やメールなどが可能。もちろんBluetoothやWiFiでスマートフォンなどとの連携もできるようになっている。

 ディスプレイは2インチ(360×480ピクセル)スーパー有機EL、OSはTizenをベースにしたウェアラブル用独自OS、プロセッサは1.0GHzのデュアルコア、メモリ512MB、ストレージ4GBを搭載する。カメラは非搭載。アプリはGear Appsが利用できる。

 ネットワークは3G/2G、ワイヤレスは802.11b/g/n Wi-Fi、Bluetooth 4.1に対応。「S Health」、「Nike+ Running」「S Voice」、「Find My Device」などのサービスも利用でき、IP67相当の防水・防塵、加速度計、ジャイロ、コンパス、心拍計、環境光、紫外線、気圧計などのセンサーも装備する。本体サイズは幅39.8mm×高さ58.3mm×奥行12.5mm、バッテリ容量は300mAhで、2日間の使用が可能だという。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top