【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル | RBB TODAY

【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル

4月16日週に発売・発表された注目情報をまとめてお届けする。

IT・デジタル スマートフォン
【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル
  • 【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル
  • 【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル
  • 【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル
  • 【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル
  • 【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル
  • 【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル
  • 【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル
  • 【先週の注目ニュース】女子高生AI「りんな」は歌もうたう!?/ソニー製スマートウォッチに手塚治虫コラボモデル
 4月16日週に発売・発表された注目情報をまとめてお届けする。

キャリアの動き


■ドコモ、東京ソラマチに5G体験施設をオープン
https://www.play5g.jp/

 NTTドコモは20日、2020年代に5Gが創り出す世界の一部をいち早く無料で体験できる空間として、東京スカイツリーに隣接する商業施設 東京ソラマチの5階に「PLAY 5G 明日をあそべ」を開設した。建設機械の遠隔制御や、8KパノラマVRなど、超高速通信や超低遅延といった「5G」の特徴をいかした未来の体験を展示する。



■個人向けPHS、2020年に終了
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20180419_01/

 ソフトバンクウィルコム沖縄は、PHSのテレメタリングプランを除く“ワイモバイル”の全てのPHS向け料金プランなどの提供を、2020年7月末をもって終了すると発表した。これにより対象の料金プランの契約者は、各サービスを利用できなくなる。

■ワイモバイル、「Pocket WiFi 海外データ定額」を開始
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20180417_01/

 ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は、“ワイモバイル”のモバイルWi-Fiルーター向けの新料金プランとして、1日90円の追加料金で海外でもデータ通信を定額で利用できる「Pocket WiFi 海外データ定額」の提供を4月24日に開始する。また、「Pocket WiFi 海外データ定額」の専用機種として、モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 701UC」(uCloudlink製)を同日に発売する。



注目ガジェット


■ソニー、A5サイズのデジタルペーパー「DPT-CP1」を発売
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201804/18-030/index.html

 ソニーは、電子文書を紙のように読み書きできることを追求した、小型A5サイズ相当のデジタルペーパー『DPT-CP1』を6月上旬に発売する。『DPT-CP1』は、約240g、厚さ約5.9mmで、A5サイズ相当となる10.3インチ(1404×1872ドット)の高解像度電子ペーパーディスプレイを搭載したデジタル端末。独自開発ノンスリップパネルの採用により、ペン先の滑りを抑え、適度な抵抗感を持たせることで、紙により近い書き心地を実現している。内蔵メモリーには、約1万ファイルのPDFドキュメントを保存可能。同時にリリースされるスマートフォン用の新たなアプリケーション『Digital Paper App for mobile』により、PCを介することなく、スマートフォンと本機のデータ共有が可能になる。



■プラネックス、どこにいても訪問者と話せるクラウド対応のドアベル「SpotCam-Ring」を発売
http://www.planex.co.jp/news/release/2018/20180418_spotcam-ring.shtml

 プラネックスコミュニケーションズは、クラウド対応フルHDビデオドアベル『SpotCam-Ring』を4月下旬に発売する。どこにいても訪問者の様子をうかがい応答ができる新しいタイプのドアベルで、応答できなかった場合も後から訪問者を写真で確認できる。



■ソニーのスマートウォッチ「wena wrist(ウェナリスト)」に手塚治虫作品コラボモデル
http://news.wena.jp/entry/2018/04/17/100110

 ソニーは、ハイブリッド型のスマートウォッチwena wrist(ウェナリスト)の新モデルとして、「鉄腕アトム」「ブラック・ジャック」とのコラボレーションモデル「wena × 手塚治虫生誕90周年」を4月24日に発売開始する。さらに、ファッションブランド「Hanae Mori manuscrit(ハナエモリ マニュスクリ)」とコラボレーションした日本初の電子マネー「WAON」機能搭載スマートウォッチ「wena × Hanae Mori manuscrit」も同日に発売する。



その他の新サービス・注目トピックス


■ニフティ、スマートフォンで家電を操作できるサービス「@niftyスマリモ」の提供を開始
http://www.nifty.co.jp/cs/newsrelease/detail/180418004648/1.htm

 ニフティは、複数の家電をスマートフォンから操作できるサービス「@niftyスマリモ」を、4月19日に提供開始した。「@niftyスマリモ」は、エアコンや照明、レコーダーなどの家電のリモコン機能を手持ちのスマートフォンに集約できるサービス。スマートフォンひとつで複数の家電を操作できるほか、外出先からでも宅内の家電をコントロール可能。スマートスピーカーと連携することで音声での家電操作も可能になる。

■音楽SNS「nana」、ユーザーが歌った音声データを女子高生AI「りんな」に提供開始
http://nana-music.com/blogs/20180420pr/

 音楽SNS「nana」を運営するnana musicは、日本マイクロソフトが提供する「女子高生AIりんな」に、nanaユーザーから募集した歌声を提供することを発表した。機械学習に基づいたりんなの歌声生成に活用するという。提供する音声データを集めるために、オンラインイベント「#りんなの歌に使っていいよ」を4月20日から開催する。



■AIプログラミング学習サービス「Aidemy」、バーチャルYouTuberを動画教材のトレーナーに
https://aidemy.net

 東京大学発スタートアップのアイデミーは、同社が提供するAIプログラミング学習サービス「Aidemy」が新たに配信する動画教材のトレーナーにバーチャルYouTuberを起用することを決定た。4月16日より、初代バーチャルYouTuberトレーナーのオーディションを開催している。



■スマホ充電器のシェアリングサービスが日本初上陸
http://charge-spot.net

 国内外でO2Oマーケティングサービスを展開するINFORICHは、持ち運び可能なスマホ充電器シェアリングサービス「ChargeSPOT(チャージスポット)」の提供を4月19日から開始した。ChargeSPOTは、サイズが大・中・小の3種類からあり、自動販売機のような筐体で充電器を借りることができ、設置されている場所であれば「どこでも借りられて、どこでも返せる」サービス。



■ルノアール、店舗のフリーWi-Fiの利用方法を改定…Eメールによる申し込みが不要に
https://www.ginza-renoir.co.jp/wifi/

 銀座ルノアールとワイヤ・アンド・ワイヤレスは、銀座ルノアールが展開する各店舗において、簡易な利用方法でのFree Wi-Fiサービスの提供を開始した。これまで「Renoir_Miyama_Wi-Fi」の利用には、都度Eメールでの利用申込み手続きが必要だったが、4月20日より、画面上に表示された利用規約に同意すればすぐにインターネット利用可能な方式へ変更した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top