「スマホで買い物する10代」が、この1年間で急増 | RBB TODAY

「スマホで買い物する10代」が、この1年間で急増

エンタープライズ モバイルBIZ

ネットショッピングでの利用機器(2014年6月、女性・年代別)
  • ネットショッピングでの利用機器(2014年6月、女性・年代別)
  • ネットショッピングでの利用機器(2013年6月、女性・年代別)
 ジャストシステムは21日、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年6月度)』の結果を発表した。調査期間は6月27日~30日で、アンケートサービス「Fastask」モニタの、15歳~69歳の全国男女1,100名から回答を得た。

 それによると、10代(15~19歳)がネットショッピングにスマートフォンを利用する割合が、2013年6月時の調査と比べ、男性で10.9%から19.5%と2倍近く増加、女性も20.0%から34.4%と大幅に増加したことが明らかとなった。

 ネットショッピングをする際に主に利用する機器については、2013年6月時の調査では「PC(デスクトップ、ノート)」(93.2%)、「スマートフォン」(5.5%)、「タブレット型PC」(0.8%)だったが、今回は「PC(デスクトップ、ノート)」が90.0%に微減し、「スマートフォン」が7.4%に、「タブレット型PC」が1.9%へと微増した。

 そのほか調査項目は多岐に亘っており、スマートフォンユーザーのうち、有料音楽配信サービスを利用している人の割合は17.7%で、「レコチョクBest」(39.8%)、「ひかりTVミュージック」(24.3%)、「Music Unlimited」(18.4%)などが利用されていた。また、「通常の携帯電話(フィーチャーフォン)」を使ってインターネットにアクセスする人の割合は21.5%で、1年前の28.0%から減少していた。ウェアラブルデバイス(装着型の小型コンピュータ端末)を現在使用している人の割合は「スマートグラス(メガネ型端末)」2.0%、「スマートウォッチ(時計型端末)」1.7%、「ブレスレット型端末」1.5%だった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top