スマホからのオク/フリマ利用、1年で倍増し約2,000万人に | RBB TODAY

スマホからのオク/フリマ利用、1年で倍増し約2,000万人に

 ニールセンは29日、オークション/フリマサービスの利用状況を分析した結果を発表した。同社のスマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」、PC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」の6月データをもとにしたもの。

ブロードバンド ウェブ
日本国内オークション/フリマサービス 利用者数(千人) 推移
  • 日本国内オークション/フリマサービス 利用者数(千人) 推移
  • オークション/フリマサービス 利用者数(千人)TOP5 2014年6月
  • オークション/フリマサービス 性年齢構成比 2014年6月
 ニールセンは29日、オークション/フリマサービスの利用状況を分析した結果を発表した。同社のスマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」、PC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」の6月データをもとにしたもの。

 それによると、オークション/フリマサービスの利用について、2014年2月時点でスマートフォンからの利用者数がPCからの利用者数を逆転していることがあきらかとなった。

 スマートフォンからの利用者数は3月以降も大きく利用者数を増やし、2014年6月時点で昨年同月比2倍の約2,000万人となっている。これは、利用者数1,000万人以上のサービスカテゴリのなかでは、昨年比でもっとも成長したカテゴリだという。

 サービス別では、PC/スマートフォンともに、「Yahoo!オークション」が2位以下を大きく引き離して、1位。次いで、2位「楽天オークション」、3位「モバオク」の順となっている。4位以降では、スマートフォンアプリ限定のフリーマーケットサービス「メルカリ」と「LINE MALL」がランクインしてくる。特に、2013年夏にサービスを開始した「メルカリ」は、四半期ごとに利用者数が倍増しており、2014年6月時点で180万人となっている。

 また、利用者数100万人超のサービスの利用者属性を比較すると、PCでは、35歳以上の男性利用者が過半数を占めていた。一方スマートフォンでは、女性の割合が高く、「メルカリ」「LINE MALL」「モバオク」では34歳以下の女性の割合がもっとも高かった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top