マレーシア機墜落に関する不審なツイート、Twitterに出現 | RBB TODAY

マレーシア機墜落に関する不審なツイート、Twitterに出現

ブロードバンド セキュリティ

不正なドメインに誘導するツイートの例
  • 不正なドメインに誘導するツイートの例
  • 不正なドメインに誘導するツイートの例
 トレンドマイクロは22日、ウクライナで墜落したマレーシア航空17便(MH17)に関連して、インドネシア語で記載されたいくつかの不審なツイートが確認されたことを発表した。

 社会的な事件が起きると、それに便乗したサイバー犯罪の動きも現れることが多い。7月17日(現地時間)、ウクライナ上空を飛行中のマレーシア航空17便(MH17)が墜落し、約300人の乗員乗客が死亡した。そしてマレーシア航空が、7月18日00時36分(日本時間)にその事実をツイートしたが、その数時間後に、これらの不審なツイートも出現したという。

 これらのツイートは「#MH17」などのハッシュタグとURLが記載されており、不正なドメインに誘導するものとなっている。7月18日の時点で、ハッシュタグ「#MH17」は、Twitterのトレンドの第1位だった。トレンドマイクロは、Webサイトまたは広告の閲覧回数を増やす目的だと推測している。

 なお誘導先のURLは「.TK」というドメイン名が使われているが、実際には米国のWebホスティングサービスにより提供されたIPアドレスとなっている。このIPアドレスと関連する不正なドメインは、オンライン銀行詐欺ツール「ZBOT」の亜種「TSPY_ZBOT.VUH」および「SALITY」にも接続されているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top