2014年第1Qの国内タブレット端末の出荷、個人向け不振・法人向け好調に | RBB TODAY

2014年第1Qの国内タブレット端末の出荷、個人向け不振・法人向け好調に

 IDC Japanは10日、国内タブレット端末(eReaderを除く)の2014年第1四半期(1~3月)の出荷台数を発表した。前年同期比12.3%増の212万台で、前四半期(2013年10~12月)に引き続き2期連続して200万台超のプラス成長となっている。

ブロードバンド その他
2014年第1四半期 国内タブレット端末出荷台数ベンダー別 シェア
  • 2014年第1四半期 国内タブレット端末出荷台数ベンダー別 シェア
 IDC Japanは10日、国内タブレット端末(eReaderを除く)の2014年第1四半期(1~3月)の出荷台数を発表した。前年同期比12.3%増の212万台で、前四半期(2013年10~12月)に引き続き2期連続して200万台超のプラス成長となっている。

 内訳を見ると、個人向けタブレットの出荷台数が前年同期比9.1%減の142万台となった一方で、法人向けタブレットは好調を維持し同比115.9%増の70万台にまで増加した。

 主要因については、マイクロソフトSurfaceなどのWindows端末など、法人向け出荷台数が大幅に増加したことがあげられている。また、NTTドコモ向け4G回線付きAndroid端末の販売が安定して推移していることも理由という。

 ベンダー別出荷台数シェアは、「iPad Air」を中心として堅調なアップルが41.5%を獲得して第1位を維持。また、マイクロソフトが12.3%を獲得して、前四半期から1つ順位を上げて第2位となっている。一方、個人向けAndroid端末の出荷台数が伸び悩んだASUSは、9.7%で第3位にランクを落とした。

 今後の見通しに関しては、NTTドコモによるiPad販売を受け、iOS占有率がより上昇する可能性が高いと見られている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top