KDDI、三辺狭額縁デザインの5.2型「AQUOS SERIE SHL25」を6月13日に発売 | RBB TODAY

KDDI、三辺狭額縁デザインの5.2型「AQUOS SERIE SHL25」を6月13日に発売

 KDDIと沖縄セルラーは9日、2014年夏モデルとして発表したAndroidスマートフォン「AQUOS SERIE SHL25」を6月13日に発売すると発表した。5.2インチのIGZOディスプレイを搭載する。

IT・デジタル スマートフォン
三辺狭額縁デザインの「EDGEST」を採用した「AQUOS SERIE SHL25」のピンクモデル
  • 三辺狭額縁デザインの「EDGEST」を採用した「AQUOS SERIE SHL25」のピンクモデル
  • 「AQUOS SERIE SHL25」ピンクモデル背面。カメラは「全天球撮影」にも対応する
  • 「AQUOS SERIE SHL25」ネイビーモデル
  • 「AQUOS SERIE SHL25」ホワイトモデル
 KDDIと沖縄セルラーは9日、2014年夏モデルとして発表したAndroidスマートフォン「AQUOS SERIE SHL25」(シャープ製)を6月13日に発売すると発表した。5.2インチのIGZOディスプレイを搭載する。カラーはホワイト、ピンク、ネイビーの3色。

 「AQUOS SERIE SHL25」は、省電力のIGZO液晶、3,150mAhの大容量バッテリで長時間使用能力を強化したモデル。5.2インチの大画面だが、三辺狭額縁デザインの「EDGEST」を採用し、持ちやすさも兼ね備えている。UI面で、持つだけで画面がONになる「グリップマジック」を搭載したことも特長。

 仕様は、IGZO液晶が解像度フルHD(1,920×1,080ピクセル)、OSはAndroid 4.4、プロセッサはクアッドコアのMSM8974AB(2.3GHz)、メモリは2GB、ストレージは32GB。

 1310万画素のメインカメラは、逆光でもブレの少ない綺麗な写真が撮れる「リアルタイムHDR」、うす暗い場所でも人物を明るく撮影できる「NightCatch II」、シーンに応じて適切なアドバイスを表示し、撮影をサポートする「フレーミングアドバイザー」といった機能を装備する。

 LTEに加えてキャリアアグリゲーションとWiMAX2+にも対応。本体サイズは幅71mm×高さ134mm×奥行9.9mm、重量は141g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top