ワコールが下着と身体の美を紐解く展覧会開催 | RBB TODAY

ワコールが下着と身体の美を紐解く展覧会開催

エンタメ その他

1880年代のコルセット 京都服飾文化研究財団所蔵 畠山崇撮影
  • 1880年代のコルセット 京都服飾文化研究財団所蔵 畠山崇撮影
  • 時代に磨かれる「からだ美」展
  • ブラパット
  • 1951年(昭和26年)のブラジャー
ワコールが、阪急うめだ本店で「時代に磨かれる『からだ美』」展を5月31日から6月5日まで開催する。

本展では、公益財団法人京都服飾文化研究財団(The Kyoto Costume Institute)(以下、KCI)が収蔵する18世紀から現在までの西洋の下着コレクションと、60年以上にわたり日本における女性の「からだ美」を追求し続けているワコールの貴重な所蔵品を一堂に集め、下着文化の変遷、時代と下着の密接なつながりを紐解いていく。

会場は四つのセクションから構成。「Beauty history(18世紀から20世紀前半:西洋)」セクションでは、コルセットを始めとするKCI所蔵の下着を展示。「Beauty history(1945年から現代:日本)」では、日本社会の下着文化の変遷という観点から、ワコールがこれまで世に送り出してきた数々のヒット商品「タミーガードル」「フロントホックブラ」や当時のテレビCM、ポスターを展示する。「Beauty forever(Science & Craftsmanship)」では、初期のワコールブラジャーを縫い上げてきた「サーキュラーミシン」を展示し、ものづくりへのこだわりをを紹介する。「Beauty forever(Suspense Art)」では、ワコールの14-15AWランジェリーコレクションをアーティスティックにモードとして見せる。

また、1964年の創設以来、50年にわたり女性のからだを測定し続けてきた「ワコール人間科学研究所」の身体計測技術を最新の映像技術を使ったプロジェクションマッピングで体感できるコーナーも見所の一つ。その他、ワコール新作ランジェリーコレクションを、セクシーな「からだ美」を持つマネキンを用いて、映像や音楽、照明を駆使したストーリー性のあるサスペンス仕立ての演出で特別公開する企画も用意されている。


【イベント情報】
時代に磨かれる「からだ美」
会場:阪急うめだホール
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7阪急うめだ本店9階
会期:5月31日から6月5日まで
時間:10:00から20:00 (土曜日は10:00から21:00、最終日のみ18:00閉場)
入場無料
《編集部》

関連ニュース

特集

page top