スカパーとNTTら、既存の商用ネットワークを用いた4K映像伝送に成功 | RBB TODAY

スカパーとNTTら、既存の商用ネットワークを用いた4K映像伝送に成功

ブロードバンド テクノロジー

今回実現した構成イメージと特徴
  • 今回実現した構成イメージと特徴
  • 既存のHDサービスと同時に伝送した4K映像の仕様
 スカパーJSAT、NTT東日本、NTT西日本、日本電信電話(NTT)は21日、商用ネットワーク1回線を用いて、既存のHDサービスと、毎秒60フレームの4K映像を同時に伝送し、かつ複数台のテレビで同時に視聴することに成功したことを発表した。

 「フレッツ光」を利用し、地上デジタル放送やBSデジタル放送、専門チャンネルを視聴できる放送サービス「フレッツ・テレビ」や「スカパー!プレミアムサービス光」の商用ネットワークを用いてテストを行ったもので、現在の「フレッツ・テレビ」の商用ネットワークである光送信装置から回線終端装置(ONU)までに変更を加えず、4K映像を伝送することに成功した。

 これにより、将来的に「フレッツ光」1回線を通して、家庭の複数台のテレビで、4K映像などを視聴することが可能となる見込みだ。

 「フレッツ光」「フレッツ・テレビ」および「スカパー!プレミアムサービス光」は、映像とインターネット通信(上り・下り)を独立して伝送する特徴を持つため、大容量の4K映像の視聴と同時にインターネットを利用しても、インターネットの通信に遅延などの影響を与えることなく、高品質な4K映像を視聴することが可能とのこと。

 4K映像のエンコード方式には、次世代動画圧縮規格であるH.265/HEVCを採用した上で、4K映像の特徴である高精細さが失われないよう映像のデータレートを35Mbpsに維持し、また、滑らかな映像を視聴できるよう、フレームレート・走査方式は60pとした。この4K映像を台数制限なく複数台のテレビで同時に視聴することが可能。宅内共聴設備もそのまま利用可能だという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top