東芝、植物工場での野菜生産を事業化……遊休クリーンルームを活用 | RBB TODAY

東芝、植物工場での野菜生産を事業化……遊休クリーンルームを活用

エンタープライズ 企業

東芝クリーンルームファーム横須賀イメージ画像
  • 東芝クリーンルームファーム横須賀イメージ画像
  • 富士通「キレイヤサイ」シリーズの低カリウムレタス
 東芝は15日、ほぼ無菌状態を実現する閉鎖型の植物工場において、無農薬の野菜生産を事業化することを発表した。

 具体的には、神奈川県横須賀市の遊休施設を転用し、レタス、ベビーリーフ、ホウレンソウ、ミズナなどを、クリーンルームで栽培する植物工場に転用する。同日より工事を開始、本年度上期中には出荷を開始する予定。

 工場は、植物育成向けに光の波長を最適化した蛍光灯、均一な温度・湿度の環境を実現する空調機器、栽培状況を把握するための遠隔監視システム、梱包材などを消毒する除菌システム、半導体事業で培った生産管理技術などが活用されたものとなる。生産規模は300万株/年(レタス換算)。

 植物工場で生産された野菜は、付着している雑菌数が土耕野菜と比べて1/1000程度に抑制されており、長期保存できるメリットがある。高い鮮度が長期的に求められるカット野菜やサラダ用をターゲットとし、スーパー、コンビニエンスストア、飲食業者などを中心に販路を拡大する方針だ。

 なお、半導体メーカー・家電メーカーなどが遊休施設となっている工場・クリーンルームを転用する事例としては、富士通も野菜生産に乗り出している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top