OKI、遠隔で作業を支援するシステム「Remote Support」発売 | RBB TODAY

OKI、遠隔で作業を支援するシステム「Remote Support」発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

システム概要イメージ
  • システム概要イメージ
  • 仕様
 OKIグループのOKIソフトウェアは13日、スマートフォンやタブレットを使用して遠隔から保守や製造の現場作業を支援するシステム「Remote Support(リモートサポート)」を発表した。30日より販売を開始する。

 「Remote Support」は、現場にいる作業者と、事務所など遠隔地にいる監督者などとの間で、リアルタイムに動画・音声・ポインタ情報を共有できるシステム。現場の映像を双方で共有しつつ、画面サイズの異なる端末同士でも確実かつリアルタイムに、双方で同じ位置を指し示すことができる技術を開発した。これにより、若手作業者に対して遠隔地にいるベテラン技術者が作業指示を出したり、事務棟の監督者から作業内容の指示をリアルタイムで行ったりできるとのこと。

 対応OSはAndroid 4.1 / 4.2 (iOSは別途対応予定)、対応ネットワーク:3G / LTE / WiFi(公衆網接続時はVPN接続要)。解像度は最大HD(720p)、最小QVGAまで対応する。遠隔作業支援サーバはアプライアンスサーバとして提供される。OKIグループのSIPサーバにも順次対応していく予定。価格は個別見積り。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top