マンガ家、“鉄オタ”から暴行受け被害届……「突然暴力を振るわれました」 | RBB TODAY

マンガ家、“鉄オタ”から暴行受け被害届……「突然暴力を振るわれました」

エンタメ ブログ

 『ゆりてつ』など鉄道をテーマとした作品で知られるマンガ家の松山せいじ氏が11日、鉄道ファンから暴行を受けたことをTwitterで告白した。

 自身も鉄道鉄道好きである松山氏は、同日廃線となる北海道南部を走るJR江差線のお別れ式に参加。湯ノ岱駅で鉄道を見送ろうとしたところ、ある鉄道ファンの撮影を妨げてしまい「邪魔だ!」と怒鳴りつけられ、叩かれたという。そのことで、松山氏のiPhoneが線路に落下して傷がついたそうだ。

 松山氏は、この一件を重く見て、「晒すのは良く無い事は分かりますが、江差線にいる皆様の安全の為にも、この黒い姿の男性にはご注意ください、突然暴力を振るわれました」と相手の写真を公開。黒い服の男性がカメラを構える姿が写っている。

 警察に被害届は提出済みで、すでに実況見分が行われたという。今回の一件は暴行として受理され、刑事事件として扱われることを報告している。

 なお、松山氏は今回の事件について、「江差線で事の顛末を見ていた人も居ますと思いますが、ご迷惑をおかけしました。心よりお詫び申し上げます」と、騒動を謝罪している。
《花》

関連ニュース

特集

page top